· 

太陽光発電コスト安価に!

 毎日暑い日が続きますがこの太陽光を使ってエネルギーに変える取り組みはすでに始まっています。

近所のお家の屋根の上にはパネルがのせてある家が増えてきました。

 

経済産業省は7月12日、2030年時点の電源別の発電コストについて、1kWh当たり、事業用の太陽光発電で8円台から11円台後半、原子力発電は11円台後半以上になるとの試算を公表しました。

こちらは約10年後の見通しではありますが、すでに太陽光発電の方が原子力発電より安価になっているという分析結果が出たことで太陽光発電を調べてみました。

 

Yahooニュース記事

https://news.yahoo.co.jp/articles/4193c711ee8cf21fff4eae01be00427990f5df2d

 

太陽光発電は、「太陽電池」と呼ばれる装置を用いて、太陽の光エネルギーを直接電気に変換する発電方式です。

 

太陽光発電システムの仕組み

住宅用の太陽光発電システムは、太陽の光エネルギーを受けて太陽電池が発電した直流電力を、パワーコンディショナにより電力会社と同じ交流電力に変換し、家庭内のさまざまな家電製品に電気を供給します。

一般の系統連系方式の太陽光発電システムでは電力会社の配電線とつながっているので、発電電力が消費電力を上回った場合は、電力会社へ逆に送電(逆潮流)して電気を買い取ってもらうことができます。

 

反対に、曇りや雨の日など発電した電力では足りない時や夜間などは、従来通り電力会社の電気を使います。

なお、こうした電気のやりとりは自動的に行われるので、日常の操作は不要となります。

 

■太陽電池モジュール

太陽の光エネルギーを直接電気に変換する装置。

 

■接続箱

太陽電池からの直流配線を一本にまとめ、パワーコンディショナに送るための装置。

 

■パワーコンディショナー

太陽電池で発電した直流電力を交流電力に変換するための装置。

 

■分電盤

家の配線に電気を分ける装置。

 

■電力量計

電力会社に売った電力や、購入した電力を計量するメーター。

売電用と買電用の2つの電力量計が必要となります。

 

構成単位について

太陽電池の構成単位には「セル」「モジュール」「アレイ」があります。一般的には、それぞれ以下の通り定義されています。

・セル(cell)

太陽電池を構成する一番小さな基本単位です。

電池の素子のことをさします。おおよそ25㎜角の大きさで5アンペア前後の電流が発生します。

・モジュール(module)

必要枚数のセルを配列し電極でつなぎ、ある程度の電力を発電できる単位にまとめ、屋外に設置できるよう樹脂や強化ガラス、フィルムなどで覆った機器のことです。

太陽電池モジュール、ソーラーパネルとして、製品として流通しているものです。

・アレイ(array)

複数の太陽電池モジュールを配線し、まとまった電力を発電できるように直列に接続したものを太陽電池ストリングとよび、その複数のストリングを並列に配線し、屋根や地面に取り付けた架台に複数枚の太陽電池モジュールを並べて配線したものをアレイとよびます。

 

太陽電池モジュールの種類

・結晶シリコン系

現在、最も多く用いられているタイプがこの「結晶シリコン系」です。

結晶シリコン系とは、シリコンの塊である「インゴット」を薄くスライス・加工して作られます。

また、この「インゴット」の作り方によって「単結晶」「多結晶」の2タイプに分かれます。

 

・化合物系

太陽電池モジュールは半導体の性質を利用して発電しますが、半導体の材料に複数の物質を用いるのが化合物系です。

単体では半導体の特徴を持たない物質でも、複数組み合わせれば半導体として使えるものもあります。

 

太陽光発電についてー経済産業省ー 参照資料

https://www.meti.go.jp/shingikai/santeii/pdf/063_01_00.pdf

 

太陽光発電のデメリット

・設置費用が高い

・メンテナンスが必要になる(定期点検4年1度、パワーコンディショナーの交換)

・パネルの重さによって屋根に負荷がかかる

・設置が向いていない家もある(北向き一面の屋根形状場合など)

・反射光トラブルのリスクがある(「暑い」「まぶしい」という理由での近隣トラブル)

・雨漏りなど施工不良のリスクがある

などがあります。

 

メリット・デメリットをよく考えてご自分にあったものなのかよくご検討頂ければと思います。

ご検討の参考になれば幸いです。

 

以上リニュアル仲介ネットワークでした。


SelFin AI評価査定、物件提案ロボ
SelFinのAI評価査定、物件提案ロボ
「買ってはいけない物件がわかる」
SelFin(セルフィン)不動産取引に必要な
【探 索】【調 査】【査 定】【判 定】【審 査】
が不動産会社に依頼しなくとも、専門知識の少ない方でも簡単に検証できる無料のWEBシステムです。
※ご登録は無料、試して見ていつでも解除できます。


【調 査】

マンションも名だけで簡単調査

【査 定】



 

 

 

 

 

 

 

ランドプライム株式会社は

不動産セカンドオピニオンで

あなたをサポートします。