· 

大雨に警戒 屋内避難のポイントは?

 今年は、沖縄・奄美から東海地方にかけて、平年より早い梅雨入りとなり、四国や近畿など記録的に早くなった所もありました。

6月から7月にかけて、梅雨前線の活動が活発になりやすいため、九州から関東では局地的な大雨となる恐れがあります。

早めに大雨への備えを必要としておくことが大切です。

 

災害をもたらす雨の降り方とは

梅雨の時期は、梅雨前線が停滞して、同じ場所で激しい雨が数時間にわたって降り続くことで、大雨になることがあります。

こうした大雨によって、河川の氾濫や土砂災害、低い土地の浸水などが発生しています。

気象庁は雨の強さと降り方について、1時間に50㎜から80㎜未満の雨を「非常に激しい雨」、1時間に80㎜以上の雨を「猛烈な雨」としています。

(詳細は気象庁HP「雨の降り方」を参照)。

 

「非常に激しい雨」ちは、滝のように降る雨で、このような雨が降り続くと、地下街に水が流れ込んだり、マンホールから水が噴き出したりするなど、多くの災害が発生する可能性があります。

「猛烈な雨」は息苦しくなるような圧迫感があり、視界が悪くなるような雨です。

 

「非常に強い雨」や「猛烈な雨」が降り続くと、総雨量が数百㎜に達して、大規模な災害が発生する恐れがあります。

早めの屋内避難を…家財は出来るだけ高い所へ。

各市区町村では、大雨によって河川が氾濫した場合、迅速に避難できるように、「洪水ハザードマップ」を作成しています。

 

洪水ハザードマップには、大雨の時に危険な場所(浸水が予想される区域)や、想定される浸水の深さ、避難場所や避難経路など災害対応のための情報が記載されています。

災害から身を守るためには、避難場所や浸水が予想されない安全な場所への立退き避難が最も望ましい方法です。

 

ただ、国土交通省の資料によると、浸水の深さが0.5m(大人の膝くらい)以上になると、大人でも避難が困難になるため、避難が遅れた場合は、無理せず屋内で2階など上階へ避難してください。

また、浸水による家財の被害を防ぐために、電化製品や貴重品、数日分の衣類などは、早めに高い場所や2階以上の部屋へ移動しておきましょう。

 

自治体からの避難指示は、災害が発生する恐れが高い状況で発令される情報です。

高齢者や障害のある方など、避難に時間を要する方は、避難指示が発令される前に、早めに2階以上へ避難しましょう。

高齢者以外の方でも、事前に情報を確認して、少しでも危険を感じたら自主的に避難することが大切です。

 

今は洪水ハザードマップもしっかりと確認されている方も多いので大丈夫かと思いますが、購入後に「知らなかった!」という事にならないよう十分に確認してからの住宅購入をおすすめします。

弊社では物件のご提案時から情報はお伝えしていますので、ご安心していただけるかと思います。

 

以上リニュアル仲介ネットワークでした。


SelFin AI評価査定、物件提案ロボ
SelFinのAI評価査定、物件提案ロボ
「買ってはいけない物件がわかる」
SelFin(セルフィン)不動産取引に必要な
【探 索】【調 査】【査 定】【判 定】【審 査】
が不動産会社に依頼しなくとも、専門知識の少ない方でも簡単に検証できる無料のWEBシステムです。
※ご登録は無料、試して見ていつでも解除できます。