· 

簡単に家は建替えできない⁉

 これは、我が家の建て替え計画の事です。

前回、現在普段使っている道が建築基準法の定められている

道路ではない話をお伝えしました。

 

長年住んでいても建替えできるとは限らない事がわかりました。

以前の資料がない為わかりませんが約50年前の国土調査が関わっているのではないかとの事です。

普段、登記簿謄本を取得しない為気付けませんでした。

 

建築不可の場合、建築会社は関われないので最寄りの市役所に相談に行くよう言われました。

そこで市役所に相談に行き解決策を提案されました。

それは接道を造ることです。

 

長さ60m、幅4mそしてそこには他人の田んぼがありなかなかの試練です。

田んぼの持ち主は高齢の為、娘さんに間に入ってもらい家の建て替えの為4m道路を造る必要を説明してご協力をお願いしました。

次に田んぼには白地と青地がありますが

青地に該当するため最寄りの農業振興課に農業地区域外申出等等書の提出が必要になります。

 

今年から申請は年2回あります。

それにかかわる資料を4月中の提出しました。

この書類の作成に当たりとても困ったことは土地の一部の表現の仕方です。

 

表現は〇〇㎡のうち〇〇㎡と書くそうです。

我が家のケースはかなりレアケースとのことで書き方や書類の取得方法は丁寧に教えて頂きました。

必要な書類の説明は省略しましたが分からない場合は直接聞きに行くのが一番だと実感しました。

 

やっと申請書が出せる段階ですが許可が出る時期は年末ぐらい時間がかかる予定です。

この許可が下りないと建築会社が関わってもらえないので次回の報告は年明け以降になります。

まだまだ、先が長そうです。

 

以上リニュアル仲介ネットワークでした。


SelFin AI評価査定、物件提案ロボ
SelFinのAI評価査定、物件提案ロボ
「買ってはいけない物件がわかる」
SelFin(セルフィン)不動産取引に必要な
【探 索】【調 査】【査 定】【判 定】【審 査】
が不動産会社に依頼しなくとも、専門知識の少ない方でも簡単に検証できる無料のWEBシステムです。
※ご登録は無料、試して見ていつでも解除できます。