· 

「東京脱出」した人はどこへ?

 本日のニュースで「東京脱出」した人はどこへ?というタイトルがありましたのでご紹介します。

東京23区からの転出者が増えた市区町トップ30が発表されました。

 

新型コロナウイルスの感染拡大で東京23区からの転出者増が止まらないとの事です。

都の毎月1日現在の調査では3月は全ての区で前月より人口が減ったそうです。

 

東京23区からの転出者が増えた市区町トップ30

1.神奈川県藤沢市

2.東京都三鷹市

3.横浜市中区

4.東京都小金井市

5.川崎市宮前区

6.川崎市高津区

7.千葉県船橋市

8.神奈川県鎌倉市

9.茨城県つくば市

10.横浜市港北区

.

.

17.埼玉県川口市

.

.

21.栃木県宇都宮市

.

30.埼玉県新座市

 

23区からの転出者増の背景について、専門家はテレワークの普及や生活苦で家賃が安い郊外に移る人が増えたことが要因とみられるようですが23区の家賃と面積を比べると同等金額でも面積が広くなったり、同じような部屋であれば賃料は安くなるようです。

 

週1~2回は仕事であれば都心に出ても、電車で約1時間の通勤時間で環境の良い場所やゆとりのある空間が手に入るのは魅力的のようです。

今春も感染拡大は止まらず「第4波」への懸念が深まっており、東京脱出の動きが加速する可能性があると言われています。

 

ただし、一方で都心のマンション販売も堅調というニュースもありました。

どう思われますでしょうか、参考にして頂ければ幸いです。

 

参考記事:東京新聞より

https://www.tokyo-np.co.jp/article/98995d

 

以上リニュアル仲介ネットワークでした。


SelFin AI評価査定、物件提案ロボ
SelFinのAI評価査定、物件提案ロボ
「買ってはいけない物件がわかる」
SelFin(セルフィン)不動産取引に必要な
【探 索】【調 査】【査 定】【判 定】【審 査】
が不動産会社に依頼しなくとも、専門知識の少ない方でも簡単に無料で利用できるシステムです。
※ご登録は無料、試して見ていつでも解除できます。