· 

LCCM住宅(ライフサイクルカーボンマイナス住宅)とは?

 最近ではZEH(ゼッチ)住宅やLCCM(エルシーシーエム)住宅などの広告を見かけるようになりました。

令和2年10月26日、菅総理による2050年カーボンニュートラルとする所信表明がありました。

 

国土交通省は経済産業省・環境省と連携して、住宅の省エネ・省CO2 化に取りんでいくと掲げています。

世界的にも地球温暖化対策が急がれる中、2030年度ZEH目標の実現に向け、ZEH普及率の増加が見込まれます。

 

ZEHとは

ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、

高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、

再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」です。.

 

LCCM住宅とは

LCCM(エルシーシーエム)(ライフ・サイクル・カーボン・マイナス)住宅とは、

建設時、運用時、廃棄時において出来るだけ省CO2に取り組み、

さらに太陽光発電などを利用した再生可能エネルギーの創出により、

住宅建設時のCO2排出量も含めライフサイクルを通じてのCO2の収支をマイナスにする住宅です。

 

住宅の省エネ基準には外皮基準と一次エネルギー消費量基準があります。

外皮基準・・・屋根や外壁などの断熱性能に関する基準

一次エネルギー消費量基準・・・住宅内で消費されるエネルギー量に関する基準

 

外皮基準を上げる工夫

・高断熱窓

・高性能断熱材

高断熱・高気密で作られた家はエアコンが効率よく使用できます。

 

一次エネルギー消費量

・高効率空調

・太陽光発電

・熱交換型換気

・給湯設備

・省エネ性能が高いLED照明

高効率な設備を備える事でエネルギーの使用量が少なくなります。

 

断熱性能が上がれば結露によるカビやダニの発生が抑えられます。また、ヒートショックのリスクも抑えられます。

停電時には発電システムがあれば電気に困ることもありません。

 

ただし、一般の住宅の新築よりは100万円、中古住宅では250万円程費用はかかるそうです。

※住宅の規模によって金額は異なります。

 

詳しくは国土交通省の下記をご覧ください。

https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk4_000153.html

 

 

以上リニュアル仲介ネットワークでした。


SelFin AI評価査定、物件提案ロボ
SelFinのAI評価査定、物件提案ロボ
「買ってはいけない物件がわかる」
SelFin(セルフィン)不動産取引に必要な
【探 索】 【調 査】 【判 定】 【審 査】
が不動産会社に依頼しなくとも、専門知識の少ない方でも簡単に無料で利用できるシステムです。
※ご登録は無料、試して見ていつでも解除できます。