· 

2021年 LIFULL HOME’S 住みたい街ランキング

 

不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME’S」などの住生活情報サービスを提供するLIFULLは9日、『2021年 LIFULL HOME’S 住みたい街ランキング』を発表した。

 

首都圏版「借りて住みたい街(駅)」の1位は本厚木(神奈川)が選ばれ、2位は大宮(埼玉)、3位は葛西(東京)が続いた。

一方、首都圏版「買って住みたい街(駅)」の1位は勝どき(東京)、2位は白金高輪(東京)、3位は本厚木(神奈川)だった。

 

「LIFULL HOME'S」に掲載された物件のうち、2020年1年間における実際の問合せ数から算出した「2021年借りて住みたい街」、「2021年買って住みたい街」のランキングを発表した。

 

首都圏版のポイントとして、住み替えのしやすい賃貸ユーザーは「低家賃」「都内へのアクセスのしやすさ」「ターミナル駅で生活利便性が担保できる」などの理由から郊外化の傾向にあるという。

 

また、新型コロナウイルス収束後を見据える購入ユーザーは、利便性や資産価値重視で都心化となる一方、テレワークの影響で都心暮らしへの必要性が薄れ、資産性が大きく下がらない程度に通勤・通学可能な準近郊のベッドタウンへの関心も高まっていることから、二極化の傾向にあるとしている。