· 

<コロナ禍の不動産購入> ニューノーマルな不動産相談『オンライン仲介』をご活用下さい!

 まず、ニューノーマル時代となって最初に話題になったのが「巣ごもり消費」という言葉です。

そもそもニューノーマルとは、言葉の意味としては新しい(ニュー)常態(ノーマル)という言葉になります。

常態とは平常の状態を指す言葉なので、ニューノーマルとは「新しい常識・状況」といった意味でとらえることができます。

今回は新型コロナウイルスによってもたらされた不動産業界におけるニューノーマルについて解説したいと思います。

 

今、コロナ禍となり、オンラインサービスの充実化が広がろうとしています。

外出自粛によって生まれた、このようなトレンドは、Eコマース(電子商取引)などによる自宅にいながらのショッピングや、ネットを活用したエンターテインメントなどがけん引している状況です。

 

中でもテレワークや在宅学習向けのパソコンや家電商品、自宅空間を快適にするための家具や手芸用品等が注目されています。

また、余暇時間を充実させるオンラインゲームや動画配信サービスが非常に人気です。

そのようなサービスが注目される中で、不動産業界のニューノーマルはなんだと思いますか?

 

■不動産業界のニューノーマルは「オンライン仲介」というサービスだと思います。

そもそも「オンライン仲介」とは、非対面の不動産営業をメインとする流れとなります。

「WEBセミナーやWEB面談、WEB内覧にIT重説、WEB契約にWEB決済」という一連の流れで対応する不動産営業を「オンライン仲介」と言っています。

従来は対面型の営業が一般的でしたので、その真逆の非対面型の営業手法を言います。

 

そのような不動産会社はまだまだ日本には少ないのですが、弊社ではコロナ禍となり、このような対応を全面的に推奨させていただいております。

 

やはり不動産購入時に3密(密閉空間・密集場所・密接場所)」を避けた状況で不動産相談をしたい消費者も多いと思いますし、そのような対応を望まされる方も増えているように感じます。

 

■コロナ禍における不動産の相談窓口はどのようなものが理想的か?

弊社では下記のような相談の窓口を設けています。

 

・まずは不動産購入の基礎知識を学んでいただく為、定期的に『家を買うなら知っておきたい情報WEBセミナー』を開催しています。

「お知らせ&開催セミナー」

 

・個別オンライン相談

「お問い合わせ」

 

・ワンクリックで不動産の良し悪しを判定できる『SelFin(セルフィン)』というWEBアプリの提供

「SelFin」

 

・楽して理想の物件が待っているだけで届く『物件提案ロボ』の提供

「物件提案ロボ」

 

・不動産会社に頼まなくとも調査や査定ができる『全国マンションデータベース』の提供

「全国マンションデータベース」

 

・非対面で借入可能限度額の事前審査を提供

「フラット35の事前審査」

 

■また不動産購入時に欠かせない不動産エージェントがお客様に代わり徹底セカンドオピニオン

弊社の不動産エージェントが不動産購入時の不安を払しょくし、安心して住宅購入が出来るようなセカンドオピニオン(第三者の目線でサポート)を行っています。

住宅購入に適切な環境を整備することで、リニュアル仲介の不動産エージェントが「第三者の目線で本来の適切な価格」での購入をサポートします。

「不動産のセカンドオピニオン」(詳細はこちら)

 

ぜひ、今後の不動産購入の参考にお役立て下さい。

  以上リニュアル仲介ネットワークでした。


SelFin AI評価査定、物件提案ロボ
SelFinのAI評価査定、物件提案ロボ
「買ってはいけない物件がわかる」
SelFin(セルフィン)不動産取引に必要な
【探 索】 【調 査】 【判 定】 【審 査】
が不動産会社に依頼しなくとも、専門知識の少ない方でも簡単に無料で利用できるシステムです。
※ご登録は無料、試して見ていつでも解除できます。