· 

フラット35リノベ 2021年1月申請分から金利Bプランの要件が緩和

■フラット35リノベとは

本制度は、【フラット35】を活用した性能向上リフォーム推進モデル事業として住宅金融支援機構が独自に実施するもので、中古住宅・リフォーム市場の活性化および住宅ストックの質の向上を図ることを目的としています。

 

2020年4月1日から2021年3月31日までの申し込み受付分に適用される期限ありきのプランです。

 

※ 【フラット35】リノベには予算金額があり、予算金額に達する見込みとなった場合は、受付を終了となりますのでお気を付けください。

受付終了日は、終了する約3週間前までに住宅金融支援機構のサイトで告知されます。

 

https://www.flat35.com/loan/reno/index.html

 

▼【借入対象となる住宅の条件】

リフォーム後に、フラット35の技術基準に加えて、以下の条件を満たす場合に利用できます。

1 「基準を満たす性能向上リフォームを行うこと」

2 「中古住宅の維持保全に係る措置を行うこと」

3 「金利Bプランは、200万円以上のリフォーム工事が必要」

(金利Aプランは、300万円以上のリフォーム工事が必要)

 

また、性能向上リフォームを実施しない場合でも、中古住宅購入費用とリフォーム費用を融資することができる場合があります。

 

≪性能向上リフォームとは≫

性能向上リフォームとは、省エネルギー性、耐震性、バリアフリー性、耐久性・可変性のいずれかの住宅性能を向上させるリフォームです。

【フラット35】リノベのご利用には、性能向上リフォームの基準を満たす必要があります。

2021年1月以降の物件検査申請分より、金利Bプランは基準が下記に緩和されます。

 

≪中古住宅の維持保全に措置≫

中古住宅を購入する上ではどれもやりたいところですが、

特に①インスペクションの実施、②瑕疵保険の付保などは、フラット35リノベを利用しなくても取り入れたい措置です。

 

中古住宅を安心して、そして必要な個所は性能向上のリフォームを行い、リフォーム資金は住宅ローンの金利として、しかも金利が当初5年(金利Bプラン)、ないし当初10年(金利Aプラン)0.5%もの金利引き下げとなりますので、使わない手はないと思います。

 

中古住宅を購入してリフォーム 安心してお得にローン組みたい方にはぴったりのプランです。「フラット35リノベ」ご利用ください。

※フラット35リノベについての詳細は、住宅金融支援機構の下記サイトをご参照ください。

 

https://www.flat35.com/loan/reno/index.html

 

以上、リニュアル仲介ネットワークでした。


SelFin AI評価査定、物件提案ロボ
SelFinのAI評価査定、物件提案ロボ
「買ってはいけない物件がわかる」
SelFin(セルフィン)Self Inspectionの略で「自身による検証」を意味します。
ワンクリックで物件をAIが評価査定、SelFinは診断を点数化することで不動産の知識が少ない方でも簡単に自身で検証し易くなりました。
※ご登録は無料、試して見ていつでも解除できます。