· 

自宅がまさかの「再建築不可物件」問題発覚!

我が家は築75年位の古い家です。

先日、建て替えを視野に自宅の土地調査を自分で行ってみました。

結果は道路から奥まっている路地状敷地の為問題が起きました。

路地状敷地の定義は「道路から見渡せない死角があること」です。

 

また、 路地状部分の幅が4メートル必要と言われました。

現状は2メートルぐらい思われるため道路の幅を広げる工事が必要との事でした。

 

改めて公図を取り土地の全部事項証明書を取り寄せ最寄りの市役所のまちづくり課に

開発行為等の相談に行きました。

 

とても丁寧に対応して頂き、今後出てくる問題を調べて頂き他の部署にも一緒に行って説明して

問題の解決策を探して頂きました。

 

今後の建て替えに関してどのように進めたら良いのかのアドバイスを受け

これから本格的にハウスメーカーに行って話を進めて行きたいと思っています。

 

自宅は簡単に建て替えできるものだと思っていましたが普段使っている道が建築基準法の定められている

道路ではない事を知ったときはかなりショックでしたが解決策はありそうでしたので次回はその後の結果をまだまだ時間はかかりますがお知らせしたいと思います。

 

リニュアル仲介ネットワークより

 


SelFin AI評価査定、物件提案ロボ
SelFinのAI評価査定、物件提案ロボ
買ってはいけない物件がわかるSelFin(セルフィン)
SelFinSelf Inspectionの略で「自身による検証」を意味します。
ワンクリックで物件をAIが評価査定、SelFinは診断を点数化することで不動産の知識が少ない方でも簡単に自身で検証し易くなりました。