インスペクション

インスペクション · 2020/10/18
マンション版で好評いただいているSelFinの戸建て版もあります。 戸建てはマンションと違い、価格や流動性だけでなく、建物の性能や権利関係、接道状況など多くの検討項目があります。

インスペクション · 2020/10/15
建築基準法で定められた「建築確認、中間検査、完了検査」の3つがすべて完了し、その建物が法律の基準に適合していることが認められたときに交付される書類です。

インスペクション · 2020/09/17
今回は、特に固い繊維質のものや、フォークなど硬いものを誤って投入してしまったわけでもなく、急に動かなくなりました。「ピピピピピ」とエラー音が鳴り、取扱説明書を見ても原因がよくわからなく、メーカーにお問合せ下さいとある。

インスペクション · 2020/09/16
既存住宅売買瑕疵保険シリーズ5回目です。 今回は個人間売買(売主が個人)の瑕疵保険ついて説明します。 売主が個人の場合は、宅建業者の場合と違って、買主側が能動的に手続きを進めていく流れとなります。

インスペクション · 2020/09/14
既存住宅売買瑕疵保険シリーズ4回目です。 今回は売主が宅建業者の場合の瑕疵保険ついて説明します。 売主が宅建業者の場合は、売主である宅建業者が瑕疵保険の手続きを行わないと保険に加入できません。 建物の状態というよりも、取引における交渉の進め方が重要となりますので、売主である宅建業者であるリノベーション物件などを検討している場合はぜひ内容を把握してください。

インスペクション · 2020/09/13
不動産の登記記録(登記簿)を見ていた際に、ある建物は「構造:木造瓦葺」と記載してある一方で、別の建物は「構造:木造かわらぶき」となっていることに気が付きました。 「瓦葺」の部分が、漢字による記載と、平仮名による記載で違っています。 少し気になったので調べてみました。

インスペクション · 2020/09/10
既存住宅売買瑕疵保険シリーズ2回目です。 実は瑕疵保険は保険内容や保証範囲が過剰に認識されているという問題があります。前回の話で出た「雨漏れだったら大丈夫」はすべての状況に当てはまるわけではありません。 具体的な手続きなどの話の前に、既存住宅売買瑕疵保険の背景と目的をご説明します。

インスペクション · 2020/09/08
今回から既存住宅売買瑕疵保険の新シリーズを始めます。 耐震基準適合証明書もそうですが、中古住宅の取引は工法・構造・築年数などで手続きの方法が変わってくるので、本当にややこしいです。 既存住宅売買瑕疵保険の加入が要件となっている補助制度もあるので、きちんと整理して、正しく制度を利用したいものです。

インスペクション · 2020/09/05
既存住宅売買瑕疵保険は消費者保護が目的の制度です。特に戸建て住宅の場合は重要な制度なので、積極的に活用しましょう。 ※中古住宅の購入は新築と違い難しい面が多いです。だからこそ、各種制度に精通した“不動産仲介会社選び”が最も重要です。

インスペクション · 2020/08/15
適合リノベーション住宅は、きちんと検査をしたうえで必要な改修工事を施し、その記録を住宅履歴情報として保管します。住宅履歴情報があれば、点検やメンテナンスがしやすく、将来売却するときにも役に立ちます。また、万が一の不具合に対してもアフターサービス保証がついてくるので、安心して選べるリノベーション住宅です

さらに表示する